男性 本場結城紬

PRODUCT

着尺

「亀甲絣」
華やかな女性向けの細工物に比べて一見地味ですが、精緻で根気の要る伝統の手作業の結晶です。
「蚊絣」
亀甲にくらべるとシンプルですが、たて・よこの絣を合わせることは、さらに高度な技術となります。
「杢(もく)」
杢(もく)は色の異なる2本の糸を絡めた緯糸で織ります。不規則に現れる緯糸の色により深みのある表情になります。
「縞・格子」
結城では紬問屋のことを縞屋と呼びます。絣の技術が導入されるまでは縞が主流でした。

結城紬の男帯

軽く、締め心地の良い男性用の角帯です。緩みにくく、結城紬との相性は抜群です。角帯の他に、兵児帯もご用意しております。

結城紬の袴

軽く、動きやすい男性用の袴地です。寒い時期にも暖かく、一度纏うと手放せません。結城の袴でぜひ一度、惚れ惚れする袴姿を体験して下さい。

本場結城紬とは

PRODUCT

  • 本場結城紬
  • 男性 本場結城紬
  • 今幡部
  • 生産履歴表示について